ED治療薬通販=個人輸入サイト!どんな仕組み?

日本で処方薬に分類されているED治療薬。購入するにはクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、通販する事も可能です。

「処方薬が通販できるなんて。それって大丈夫?」

このように感じてしまう人も少なくないかもしれませんね。

しかしご安心を。海外製の医薬品であれば、日本で処方薬に分類されているものでも個人輸入サイトを利用して通販でする事が法律で認められています。

今回は個人輸入サイトでの通販についてご紹介していきましょう。

ED治療薬が通販出来る個人輸入サイトって?

ED治療薬が通販出来る個人輸入サイトって?

ED治療薬を通販で・・

とは言っても、一般的なサイトでは処方薬クラスの医薬品を通販する事はできません。

ED治療薬が通販できるのは、海外製の医薬品専門の個人輸入サイト一択となります。

個人輸入とは、購入者が海外製薬会社から直接医薬品を取り寄せる事を指します。

購入した本人が使用する場合に限り、医師の処方箋なく医薬品を購入する事は厚生労働省でも認められている行為です。

しかし、実際に個人で海外の製薬会社とやり取りをし、輸入の手続きを行う事はとても困難である事は想像できます。そこで役に立つのが個人輸入サイト。

個人輸入サイトは海外製薬会社と購入者の橋渡し的な存在で、購入者に代わって輸入手続きを行ってくれる代行業者を言います。

サイトを利用する側は、通常のネット通販のようなショッピング感覚でとても手軽。しかし実際行っているのは個人輸入となり、一般的な通販とは中身が異なります。

商品も個人輸入サイトから届くわけではなく、直接取り寄せとなるため海外の製薬会社から送り届けられるのが特徴です。

通販にはルールがあります!

手軽に通販できるとはいえ、個人輸入における通販にはルールもあります。
以下の決まりを頭に入れておきましょう。

①購入した商品を第三者へ譲渡・転売してはならない

先にも少し触れていますが、個人輸入というのは購入者本人が使用する場合にのみ許される行為です。購入したものを誰かに譲ったり、売ったりする行為は一切認められておらず、違法行為となってしまいます。例えこれば友人や家族であってもできませんのでご注意ください。

②1度に購入できる量が決まっている

個人輸入は1度に購入できる量が決まっています。サプリメントやドラッグストアレベルの医薬品だと、用法用量から見て2ヶ月、処方薬レベルの医薬品は1か月分までが上限となっています。
なぜならこれを超えての購入は、抜き打ちでチェックが入る税関に止められてしまう可能性があるためです。
もし税関にかかってしまった場合、購入した医薬品が製薬会社に送り返されてしまいます。こういった事を避けるためにも、購入量には気をつけましょう。

amazonや楽天で購入できないワケ

大手ネット通販サイトと言えばamazonや楽天があります。
なんでも売っているので、ED治療役も取り扱っているのでは?と検索をかける人もいるでしょう。しかしamazonや楽天でED治療薬を検索してもヒットする事はありませんし、それらしきものと言えば精力剤やサプリメントばかり。仮にED治療薬のようなものがあったとしてもそれは偽物商品ですので決して購入しないでください。

海外製処方薬の輸出入には細かい規制があり、取り扱いが難しいのです。また誰でも出品できるようなamazonや楽天では上で説明している「転売行為」を助長する事にもなりかねません。

それゆえ、こういった大手の通販サイトでも処方薬は通販出来ないのです。

ED治療薬通販の流れを見てみよう!

ED治療薬通販の流れを見てみよう!

個人輸入サイトでの通販の流れは以下のようになります。

①欲しいED治療薬をサイト内で検索する
②商品が決まったらページに飛び、購入数量を決め、カートへ入れる
~購入画面~
③届先情報の登録(本名、届先住所、性別、電話番号など)
④注文内容の確認と、支払い方法を選択
⑤決済し、あとは商品が届くのを待つだけ!

この流れは一般的な通販サイトと同じですね。誰でも簡単に購入する事ができます。

海外発送となるため商品到着までに2週間前後がかかります。必要となる日があれば余裕をもって注文をしておいた方がよいでしょう。

投稿日:

Copyright© おすすめED治療薬|安全な通販でナイトライフをもっと元気に! , 2019 All Rights Reserved.