飲み方や副作用は?通販購入できるED治療薬のあれこれ

ED治療の用いられる薬の種類は様々です。現在では病院だけではなく、通販で購入する男性も増えてきています。

治療薬によるEDの改善を希望しているなら、服用方法副作用についても確実に理解しておくことが必要です。

安全なED治療を行うために、治療薬に関する知識をしっかり身につけましょう。

ED治療薬の効果とは

ED治療薬の効果
病院でも処方されるED治療薬といえば、バイアグラ・レビトラ・シアリスが挙げられます。これらの薬の有効成分は全く別のものですが、体内に取り入れることで得られる作用は同じだと考えていいでしょう。

有効成分は血管拡張の邪魔になるPDE5という酵素を抑制します。その結果、体内で生成されるサイクリックGMPという成分の働きを促し、陰茎周辺の血管に多くの血液が流れるようになるのです。

つまりED治療薬には共通して「血管拡張作用」があります。

EDは十分な血流量が得られずに起こるものなので、治療薬の効果によって症状を改善する治療法が主流です。

効果には個人差がある

世界3大ED治療薬と称されるバイアグラ・レビトラ・シアリスですが、それぞれ異なる特徴を持っています。

例えばバイアグラは世界で最も有名な薬です。そのため信頼性があり、ユーザーも特に多いと言えます。

レビトラは溶けやすい性質を持っており、服用してから薬が効き始めるまでの時間が短く、即効性が高い薬として人気です。

シアリスは他の2つの薬よりも効き目は控えめですが、長く効くというメリットがあります。また、副作用は最も少ないと言われているため、安全性の高さも魅力的です。

しかし薬には相性があるもの。副作用の現れ方なども個人で異なります。ED治療は長期間続く可能性が高いため、自分に合う薬を見つけることが大切です。

服用タイミングは空腹時がベスト

水入りのグラスと錠剤
薬を服用するタイミングとしては、食前・食中・食後と分けられます。しかしED治療薬におけるベストなタイミングは、「空腹時」です。

ED治療薬の成分は消化器官から吸収されます。そのため胃や腸に内容物があると、うまく吸収されずに十分な効果を発揮できないのです。

食前であれば食事の30分前、食後であれば2時間程度経ってから服用するようにしましょう。

レビトラやシアリスは食事によって効果が半減するリスクが低いものの、限度があります。高いパフォーマンスを期待するのであれば、極力空腹時を狙って服用することが理想的です。

ED治療薬の副作用は頭痛?

頭痛を感じる男性
ED治療薬は血管を拡げる効果を持つ薬。そのため動悸火照りといった副作用が発生することがあります。

多くの男性に発現する副作用は頭痛です。こめかみあたりの血管が拡がると神経を圧迫し、そこから痛みが発生してしまいます。

頭痛は薬の効果がなくなっていくに連れて消えていきますが、セックスの最中に痛みがあると不快感が拭えないはず。そこでおすすめなのは頭痛薬との併用です。

痛み止めとED治療薬の併用は禁止されていないため、頭痛を緩和するために常備している頭痛薬を飲むといいでしょう。市販の薬でも問題はありません。

用法・用量は必ず守ろう!

ED治療薬の副作用は様々。頭痛を始め動悸や鼻づまりなどが起こる場合もあります。

しかし重篤な副作用が発生してしまう可能性もゼロではありません。血管が拡がり血流量が増えると、血管や心臓には少なからず負担がかかります。その影響でなんらかのトラブルに見舞われるケースもあるため、用法・用量は確実に守りましょう。

副作用を抑えるために錠剤を半分にすることは問題ありません。しかしその反対に、効果が弱いからといって用量を超えて服用することは厳禁です。

そして持病がある男性は自己判断でED治療薬を服用することはやめましょう。病気治療のために服用している薬が併用禁忌薬ではないかをチェックし、心配であれば医師に相談することが大切です。

ED治療に役立つジェネリック医薬品たちは通販で簡単に手に入りますが、だからこそ薬の安全性をよく考える必要があります。

投稿日:

Copyright© おすすめED治療薬|安全な通販でナイトライフをもっと元気に! , 2019 All Rights Reserved.